どうも

JINです。

今回は「ブログ」という感じではなく

敢えて「コラム」として書いてみようと思います。

*連載するはわかりません。笑

ふと、思い付いたテーマが「デニム」だったので、色々考えてたら

意外とこのお仕事と似てるというか、自分なりに感じるところがあるなと思いまして。

興味があれば、続きも読んでみて下さいね。

僕は、本業でもほぼスーツを着る事はないので、ほとんど毎日を私服で過ごしているのですが

その私服の中でも毎日のコーデはデニムスタイルが一番多いです。

シャツもデニムシャツを着ることが多いし、気づいたら今使ってるBAGもデニム生地です。笑

ま、でも

めちゃくちゃデニム好き!ってわけでも、マニア!ってくらい詳しいわけでもないのですが…

気づいたらデニムを買ってしまうし、デニムスタイルの安定感と愛着感でついついアイテムが増えてしまいます。

デニムもホントに色々でブランドやお店も沢山ありますよね。

色、カタチ、生地の厚さ、ダメージ加工、ストレッチ感や履き心地…言い出せばキリがないです。

僕は特に好きなブランドがあるわけでも無く、色や履き心地、シルエット重視で選ぶことが多かったのですが

先日、ふらっと立ち寄ったショップで何気にデニムを見ていたら…

店員さんに勧められるがままに、普段は自分ではまず選ばないだろうと思われるデニムを買ってしまいました。笑

ホントにシンプルな1本。

何か特別に奇をてらったデザインが施されているわけでもない。

しかしながら生地の素材感やステッチのディテールは当たり前のようにしっかりしていて

ウォッシュ加工やダメージ加工もなく、一見無骨な硬さも感じる触れ心地。

スキニータイプのようにわざとらしい細さも無く、かと言ってダブついた感のあるシルエットでも無い。

試着する前には

「これって…どうなんだろな…」

と、自分には似合わないだろう。気に入らないだろうと不安すら覚えたけど

試着した瞬間に

「あれ? なんか…イイ。」

その今まで自分の中にはなかった感覚を初めてそこで感じたんです。

まだ硬く、真新しい生地。

今までのデニムとは少し違うタイプ。

今の流行とは違うのかもしれないけど、そのシンプルさと細部にわたる丁寧なつくり。

シルエットやカタチのぱっと見ではわからないけど醸し出す上質感。

初めて履く時には硬さも感じたし、まだ馴染みきれてない感覚はあったのですが

履く度に増してくるフィット感、馴染み感、高揚感、安心感…

また、これから長く履いていくにつれて自分だけの雰囲気に変化していくのかな?という期待感や特別感。

そんな風に感じれるデニムに出会えたことが、ココ最近では一番のハイライトです。

はじめは何気ないキッカケで入ったショップでの出来事。

そこで出会えた、何の衒い(てらい)もないシンプルな1本。

無骨でワイルドかに見せかけて、実は繊細で品の良さもある。

生地の硬さや、今まで履いたこと無いカタチに不安があったものの、初めて履いた時の良い意味での裏切られ感。

履く度に馴染んでいくのが分かる感覚。

たまに今までのデニムを履くことはあるけど、もう既に今日はやっぱこっちだな。って思ってしまう程ヘビロテしてしまっています。

何だかわかんないけど、何か良いんだよなぁ。

今まで気付いてなかった自分のスタイルや感覚に気付かせてくれました。

たった1本のデニム。

それに出会ったことで、自分の中の何かが変わったり、気分が上がったり、自信が少し持てたり…

不安から安心になって、信頼感になって、これからの期待感もある。

このデニムのように…

このデニムのような…

そんな「仕事」をしていきたいなと思ったし

そんなキャストで在りたいなと思いました。

長々と書いてみましたが…笑

1本のデニムとの出会いから色々と考えさせられました。

皆さんも、この女性向け風俗との出会いのキッカケや、色々なお店やキャストさんとの出会いのことを思い出してみると…

ちょっと重なるところもあるのではないでしょうか?笑

まだこのサービスや業界のことに興味はあるけど未経験の方や、全く何も知らない方も…

意外とひょんなキッカケで出会っちゃったり、不安も猜疑心も意外と経験してしまえば良い意味で裏切られることもあるかもしれない…ですよ?笑

デニムから…女性向け風俗。

だいぶ振り幅とギャップがありましたが…

何とか…まとまりましたかね?笑

また機会があれば「コラム」書いてみようと思います。

ではでは

また!